スクーターを購入するためにカードローン

まったく知らない土地へ転勤したのですが、駅から遠いため非常に不便な生活をしています。バスなどを利用すれば良いのですがこれも面倒です。自動車免許を持っていないため、スクーターを購入することにしました。そこで消費者金融からキャッシングをしたのです。

  • 【体験者の情報】
  • 性別:男性
  • 職業:会社員
  • 年齢:26歳
  • 借入額:13万円
  • 借入先(業者):カードローン

 

初めての転勤で戸惑うことばかり

東京で生まれて都内の大学、都内の企業に就職をしました。自分がずっとやりたかった業界に就職ができたため、やりがいを持って仕事をすることができたのです。給料などの待遇面で特に不満は無かったのですが、唯一のマイナスポイントは転勤があることです。全国に支店があることから、いつ全国のどこに転勤になるか分かりません。これまで東京でしか生活をしたことが無かったため、少し不安があったのです。私の会社の暗黙のルールとして、若い社員うちは転勤が多い、というものがありました。そこで入社から3年すると転勤の知らせがありました。転勤先は広島です。幸いなことに広島は学生時代に一人旅で訪れたことがあり個人的に好きな街だったので、楽しみな転勤でした。

日常の足としてスクーターを考える

転勤の辞令が出てから1ヶ月しか無かったため、引っ越しはバタバタになってしまいましたが、会社の独身寮が用意されていたため家探しなどで困ることはありませんでした。実際に広島で生活を始めると周囲の人柄も良く、食べ物も美味しくて大満足です。休日を利用して独身寮の周辺をぶらぶらしたのですが、なかなか面白い街並みです。しかし、問題点が少しありました。それは駅から遠いということです。歩くと40分はかかってしまうでしょう。バスを使えば良いのですがそれほど本数が走っておらず、すぐに終わってしまいます。これまで幸いなことに比較的駅から近い環境で生活をしていたため、困ってしまいました。そこでスクーターを購入することにしたのです。

スクーターのためにカードローン

自動車でも良かったのですが、これまで電車生活ばかりだったので免許が無いのです。しかし、高校生の時に原付の免許は取っていました。スクーターであれば寮の駐輪場にも停められます。残念ながら貯金がほとんど無かったため、消費者金融アコムのカードローンを選びました。スクーターは高校以来の運転でしたが非常に快適で、この街にぴったりの乗り物です。キャッシングの返済は計画的に行ったためスムーズに完済して、現在は広島の生活を楽しんでいます。